格安航空券の割引率は本当に凄い

- 格安航空券の割引率は本当に凄い

両手を広げる男性

格安航空券の割引率は本当に凄い

格安航空券の最大のメリットと言えば、正規運賃よりも遥かに安い価格で飛行機に乗れるということでしょう。航空会社や割引プランにもよりますが、割引率は本当に高くなっていますし、国内旅行や出張の際にも積極的に活用することができます。

そもそもなぜこんなにも割引率は高いのか

泊埠頭
格安航空券の割引率は本当に凄いですが、そもそもなぜこんなにも割引をしてもらえるのでしょうか。どうしても正規運賃に関しては、大多数の人が高いという印象を持ってしまいます。そのため、旅行の予算によっぽど余裕がある場合や、会社が経費として出してくれる場合でもなければ、決して気軽に利用することは難しいです。

結果として、航空券の販売をしても繁忙期以外はなかなか売れず、空席が目立つ状態となってしまいます。そこで、一定数割引プランとして販売をして、正規運賃での利用が難しい人に購入してもらいたいと考えるわけです。それにより、航空会社も空席を作らずに済むため、利益の増大へと繋がります。

また格安航空会社の場合は、人件費やサービス面の費用を削ることによって、高い割引率を実現することができています。大手の場合は様々な部分にコストをかけていますが、格安航空会社ではそれらをガッツリと削って低料金でのサービスを提供しています。

割引率は一体どれぐらいか

格安航空券の割引率に関しては、もちろん航空会社によっても違ってきますし、利用するプランによっても大きく異なります。さらに、シーズンや時間帯によっても割引率は変化しますから、一概にどれぐらい安くなるとは言えません。最安値のプランであれば、正規運賃の70%から80%ほどの割引率になることも多いため、往復でも正規運賃の片道以下の料金で利用できます。

また、格安航空会社や期間限定のキャンペーンなどを活用すれば、より激安価格で航空券を購入することも可能です。例えば片道3万5千円の運賃が、数千円台で利用できるケースもあったりするので、そうなれば新幹線どころか高速バスよりも安く移動できます。

まずは大まかにでも割引率を把握しておこう

いずれにしても、国内旅行などで格安の航空チケットを利用したいと考えているなら、大まかにでも割引率を把握しておくのが望ましいです。どのプランだとより安く利用できるのか、どの時期に割引率が高くなったり低くなったりするのか、そういったことを知っておくことでいざ購入する際に大いに役立つでしょう。

  ← 前の記事:
  
:次の記事 →