充実したサービスを受けたいなら大手航空会社を利用しよう

- 充実したサービスを受けたいなら大手航空会社を利用しよう

両手を広げる男性

充実したサービスを受けたいなら大手航空会社を利用しよう

格安航空券を購入する方法として、LCCと呼ばれる格安航空会社を利用するのか、もしくは国内大手航空会社の割引プランを利用する選択肢があります。繁忙期は除いては一般的に前者の方が安くなる傾向にありますが、充実したサービスを受けたいなら後者の割引プランを活用するといいでしょう。

サービス面の充実度が全く違う

LCCの場合、コストを削ることで格安料金を実現することができているので、提供されるサービスは最低限となります。例えば、機内でのドリンクも有料サービスとなりますし、手荷物を預ける場合も別途追加料金を払わなければなりません。他にも、予約手数料や座席指定料など、いろんな部分にお金がかかることになります。

一方で大手航空会社では、割引プランで航空券を購入した場合であっても、充実したサービスを受けることができます。機内でのドリンクは無料ですし、手荷物も所定の範囲内なら無料で預けることができます。そして何より、LCCは座席の幅が狭い作りとなっていますが、大手なら余裕のあるスペースとなっているので、機内でも快適に過ごせるメリットがあります。

割引プランの方が安くなることも少なくない

また、繁忙期になるとLCCも料金を高めに設定することが多く、ハイシーズンにもなれば正規運賃とあまり変わらないぐらいの金額にまでなります。したがって、そういった時期は大手航空会社の割引プランの方が安く利用できるため、普段はLCCを利用している人でもタイミングによっては、大手を選んだ方がいい場合もあります。

快適に移動したい人にもオススメ

何より、国内旅行や出張などの際に、快適に移動したいという人にとっても大手航空会社の格安航空券は大いにオススメできます。いくら移動手段と割り切れる人でも、やっぱり機内で快適に過ごせるかどうかによって、疲労の蓄積度合いも違ってくるでしょうし、現地に到着してからの気分も変わってくると思います。まして、飛行機での移動も旅の醍醐味の1つだと考えている人であれば、尚さら快適性は重要になってきます。

予算や日程と相談しながら決めよう

もちろん、旅の予算や日程によってはLCCを利用した方がいい場合もありますし、大手航空会社の割引プランは早めに予約しないといけないので、メリットばかりではないことも事実です。したがって、予算や日程と相談しながらどちらを利用した方がいいのか考え、あとは快適性をどれぐらい重要視するかによって判断すればいいでしょう。