格安航空券のデメリットをどの程度気にするか

- 格安航空券のデメリットをどの程度気にするか

両手を広げる男性

格安航空券のデメリットをどの程度気にするか

格安航空券というのは、利用する際には何らかのデメリットが伴うものです。大手航空会社の割引プランにしても、格安航空会社のLCCにしても、色々な制約や条件が発生することになりますが、それをどの程度気にするかによって、オススメできるかどうかは変わってきます。

まずどのようなデメリットがあるのか把握する

まずは格安航空券を利用するにあたって生じるデメリットですが、大手航空会社の場合は時期と手数料に関する制約が発生します。割引プランを利用するためには、早い時期に航空チケットを購入しなければならず、それまでに国内旅行などのプランを決めておかなければなりません。また、予定が変更になったり中止することになれば、キャンセルをしなければならなくなりますが、そうなれば取消手数料を支払う必要があります。

LCCの場合は、受けられるサービスが制限されることになり、有料の追加サービスをいくつも利用すると割高になる難点があります。また、座席も狭く快適に移動できるとはお世辞にも言えないので、あくまで移動のための手段だと割り切れることが前提となります。さらに、遅延や欠航になっても補償や変更が制限されるのも、大きな欠点となるでしょう。

このようなデメリットを許容できるかどうか

格安で利用できる以上は、こういった制約が生じるのは当たり前のことですし、それに関しては誰もが理解しているはずです。そのため、このようなデメリットを許容できるかどうかによって、オススメできる人もいれば不向きの人もいるわけです。

例えば、早い時期から航空チケットを購入することや、取消手数料が発生することに不安がない人であれば、大手航空会社の割引プランは大いにオススメできます。また、サービス面が最小限でも全く構わないという人であれば、LCCの利用もそこまで抵抗感を持たずに済むでしょう。

やはり、格安というのは本当に大きな魅力を感じますし、これだけ安ければデメリットも大して気にならないと考える人もたくさんいるはずです。しかし、だからと言ってメリットばかりに意識が行ってしまうと、逆に損をしてしまうリスクもあるわけですから、両方をしっかりと把握した上で利用を検討することが求められます。

結局は人それぞれという結論になる

結局のところ、格安航空券がオススメできるかどうか、国内旅行やビジネスに役立てられるかどうかは、人それぞれという結論となりますし、その人の考え方によって変わってくるものです。